これまでのイベント実績

これまでのイベント実績
2018年05月13日(日)

恋愛・結婚に悩む女性4つのタイプ

私は今まで、7年間婚活パーティーを150回以上開催し、6000人方にご参加いただきました。
最初のころは、独身男女に出会いの場をつくることで、幸せな恋愛・結婚へと続くカップルをつくることができると思ったのです。
もちろん、ご結婚カップルもうまれました。幸せな報告をうけました。

しかし、ご参加の方々には何度パーティーに参加しても、結果のでない方も多いのです。

表面的には、十分可愛い、彼がいても不思議じゃない、どうしてなのだろう、、、
と、恋愛・婚活カウンセリングをはじめました。

そこでわかったことは、確かに、婚活向けの、服装や、見た目を磨くこと、聞き上手、愛嬌、男性をたてる、などといったコミュニケーション上手になることも大切です。

しかし、
わかっていても、ピンクの服がきれない
わかっていても、笑顔になれない
わかっていても、男性をたてたり、褒めることができない、なかなか好きになれない

と、心の奥底に、幸せな恋愛・結婚のネックとなる、心の傾向があったのです。

それを解消しないと、本当に幸せな恋愛・結婚には導けないと気づき、
マインドを変える、男女塾や婚活コンサルティングに力を入れています。

本日は、恋愛や結婚に悩む女性、4つのタイプと、メッセージをお伝えします。

 

トラ・ウマ子

 

特徴

・今まで異性と交際経験なし
・大人しく、人の目を見て話せない

・リアクションに乏しい

・いつもおどおどしている

・男性が怖い。近づくと離れる。手を握られるのもダメ

・大人しそうで可憐なので、男性からアプローチされることもしばしばある。
しかし、2~3回デートをして終わる。

背景
・親の抑圧が大きく、厳しかった。その為、いつも人の顔色を伺ってしまう。

・幼少期・思春期に痴漢にあうなどの経験があることが多い。その為、男性が怖い

・思春期に女性グループから無視などのいじめにあっていることが多い。

自分の言動の何がいけなかったのか、わからないため、言動の一つ一つをためらう。素直に笑ったり、思っていることを言ったりというリアクションができない。
また、無意識で同性である女性の目、いじめられることを意識して、男性と仲良くできない。

 

このタイプの方は、繊細で、感受性が強く、人の何気ない言葉や行動に何十年も傷ついていることも多いです。

このタイプの方に理解してほしいことは、たとえ、親や先生であっても、人は皆、完璧な存在ではなく、その人の考え、一見解で言ったものにすぎず、絶対的なものでも、真実でもないということ。

あなたの求める形ではなかったけれど、あなたを想う愛があったということです。

また、男子生徒や、女性の派閥など、あなたを傷つける言動をした人もいたかもしれません。
それは貴女に落ち度があったからでも、悪いところがあったわけではありません。本人の弱さです。
大人になったときに、その傷をずっともっているのは彼らなのです。

すべての人が、男性が、あなたを傷つけた人、男性と同じではないのです。
それぞれが、違う、一人の人であり、素晴らしい男性もいるのです。

そして、あなたも、傷ついた幼いあなたではありません。

人生を選択していくのは自分自身なのだ、という強い心と自立心をもち

過去の経験の意味づけを変え、解放され、
強く美しい女性となり、素晴らしい男性と結ばれる。

未来のあなたの地図をつくるのは、あなた次第なのです。

 

左脳女子

 

特徴
・仕事ができる。責任感強い

・男性に対してダメだしが多い。

・男性をたてたり、甘えたりができない。

・男性に自分以上の年収・リーダーシップ、完璧を求める。

・既婚者男性に惹かれがち

背景

・父親が頼りにならなかった。

・男は頼りにならない、と思ってる。

・母親が父親を尊敬してなかった。

 

親子関係は恋愛に直接的に影響します。
女性にとっての男性は、父親との関係が顕著に投影されますし、
男性にとっては、女には母親との関係が投影されます。

父親が頼りにならなかった、母がいつも苦労していた、母親の父親に対する愚痴を聞いて育ったなどの環境の場合、無意識に、男性は頼りにならない、尊敬できない、と、信頼したり甘えることができないことが多いです。

よって、容姿端麗、仕事ができても、男性から敬遠されがちです。

反転し未完了の思いを果たすべく、頼れて甘えることができる、完成された男性を求めるため、既婚者の男性に惹かれがちです。

このタイプの女性にとくにおすすめしているのが、6月1日に開催されます、愛され女子なるノート術「プリンセスノート」です。

『愛される女性』と『愛されない女性』の差はどこにあるのか。 それは「視点」です。
日常生活においてフォーカスしているものが違うため、 出来事や他人との関係への解釈が異なります。
それが幸福感や言動に影響を与え、 愛される女と愛されない女性に分けるのです。
この視点をチューニングするために考案されたのが、愛され体質になるノー ト術『プリンセスノート』です。

男性に対する視点が変わると、男性への尊敬や男性に対しての包容力がうまれます
それは、表情、言葉、しぐさに自然と現れます。

人は、自分の異性のイメージと、リンクした人しか付き合えません。
男性へのイメージを日々書き換えることで、男性を頼ったり、男性に甘えたりできる、愛され女子と変わります。

 

ぼっこちゃん

 

特徴

・没個性 (見た目、経歴、経験 趣味)

・友達と一緒でないと行動できない

・パーティー等で、男性に覚えられない
・会話が一問一答

・交際経験はあるが、結婚までいたらない。

・交際しても、長く続かない

背景

・地元から通える学校

・実家から通える職場

・一人暮らしなど家からでたことがない

 

何に対しても、自分一人で決める、行動する、チャレンジする、ということがなかなかできないタイプです。
よって、恋愛にしろ何にしろ、経験値が少なく、話題に乏しく没個性となりがちです。
婚活パーティーに行くのも、友人と一緒でないといけません。
パーティーでも友人とばかり話してしまい、男性に対する気持ちも、友人の言動に左右されがちです。

いい子ではあるのですが、個性がないため、パーティーなどでもあまり覚えられません。
また、お付き合いをしても、1年弱ぐらいで飽きられ交際が終わりがち。
いい子なのだけれど、この女性でなければ、、、という結婚の決め手にかけるのです。

このタイプの方におすすめなのは、何か一つ、習い事をし、一芸に秀でる。
料理でも、ダンスでも、何でもいいのです。
好きなことを話す女の子も顔は魅力的ですし、記憶に残ります。

また、婚活パーティーや、婚活アプリ、結婚相談所よりも、昔ながらのお見合い向きのタイプと言えます。
なぜなら、決断が苦手なため、大勢の中から選ぶといった、選択肢が多いほど決められないからです。

しかし、お見合いも決断ですので、10年後に、今思えば最初にお見合いした人が一番良かった、というパターンにもなりがち。バーンと背中をおしてくれる、昔ながらの肝っ玉母さんタイプの仲人さんがよいでしょう。
私も、「もう決めちゃいな!」と押しますがね。

いくら肝っ玉母さんがいても、最後に決断をするのは、あなたなのです。
結婚してからも、決断せねばいけないことは、子育てでも何でもでてきます。

失敗はない、学びがあるだけ。
決める、行動する、できた、自分で自分をねぎらう。褒める。
それを積み重ねることで、自分に自信と決断ができるようになってくるでしょう。

 

右脳女子

 


特徴

・好き・嫌い、感情が顔に出やすい

・彼ができると、恋愛一辺倒になり、恋愛中毒気味になる。

・感情的になりやすく、恋愛では自爆する

・交際はするが、結婚にいたらない。

・スピリチュアル・占いにはまりがち

・一般的に割と多い女性像ともいえる。

・自分の気持ち、感情、気持ち優先なので効率的 戦略的に動くことができない。

・ダメんずに見切りをつけることができず、婚期を逃す。

背景
・家族関係などで、愛情の欠乏を感じていた。

 

このタイプの方は、いわゆる恋愛体質。左脳女子とは反対ですが、女性に割と多いタイプです。
愛情の欠乏、飢餓感が常にあり、それを異性に求めます。
よって、恋愛関係になると、常に愛情を確かめていないと不安ですし、依存しがちです。

しかし、家族関係などで愛情の欠乏を感じていたといっても、客観的にみるとごく普通の家庭であることも多いのです。

また、世の中にある愛は、男女間だけの愛だけではありません。
家族愛、友愛、師弟愛、博愛、といろんな愛があるのに、愛情や幸せを感じられる感性・視点をもっていなく
すべてを男女間の愛だけに、求めるところがあります。楽しい時間は、彼と過ごす時間だけ、他の時間は欠乏感を感じているというのも、共通する言葉です。

このタイプの方への処方箋としても、私は視点を変えるワークをおすすめしています。

ありがとうと感謝にフォーカスするワーク、

もらった愛を数えるワーク、

自分を褒めるワーク

などで、実際にクライアント様も、おどろくほど、幸福感、自己肯定感があがり、愛を感じることができるようになっています。

そんな女性になると、安心感がありますので一緒にいても安らげ、男性にとっても結婚対象となりますし
自分を大切にしてますので、ダメんずにすがらなくても、さっさと見切りをつけることもできます(笑)

 

上記の恋愛・結婚に悩む女性4つのタイプは、あくまでも傾向です。複合している場合もあります。

いずれの場合も、根底にある大切なことは、自己肯定感をあげ、自分も人も愛せるようになることが
幸せな恋愛・結婚で大切なことです。
わかっていてもできないものだと思いますので、そうなるために思考を変え、育てるコツを、男女塾や日々のワークの宿題でお伝えしています。

あなたが心からの笑顔で、輝きますように
そんな貴女とふさわしい素敵な男性と幸せな家庭を築かれますように

一人で難しいならば、私が一緒に伴奏します。
ひとりで悩んでないで、一度体験コンサルティングをうけてみませんか?